「ご心痛」の意味と使う場面には気を付けましょう!【間違いやすい言葉】

雑記勉強,言葉

「ご心痛」の意味と使う場面には気を付けましょう!【間違いやすい言葉】
「はいさい。ぐすーよー。ちゅーうがなびら。」(こんにちは、皆さんご機嫌いかがですか?)
ようこそヒケナンブログへ♪

間違いやすい言葉について正しい漢字と読み方や意味、そしてどう間違いやすいのかを学び、正しく使っていきましょう!

今回は「ご心痛」について、ご紹介します!


ご心痛の意味は

ご心痛とは「心配して深く思い苦しむ」「ひどく心を痛める」ことです。

この言葉は自分の事ではなく、他人に向けて使用します。


使う場面は限られてます

この「ご心痛」という言葉は、文字通り心を痛めるということなので、お悔やみを申し上げる場面で使います。

そのため、日常の会話やビジネスシーンでは使うことはありません。

特にビジネスシーンで使ってしまうと、非常に失礼になってしまうことがありますので気を付けましょう。


ビジネスで使える「ご心労」

ご心労「心配して悩むこと。また、精神的な疲れ」という意味です。

ご心痛と似ていますが、こちらはビジネスで目上の方に使える相手を気遣う言葉です。

ビジネスではこちらを使っていきましょうね。


最後に

いかがでしょうか。

ご心痛はビジネスでも使用してしまいそうな間違いやすい言葉でので、気を付けていきましょうね。

この記事を読んだ方のためになれれば幸いです。