「自首」と「出頭」の違いってわかる?

2019.08.23雑記トリビア,言葉

牢獄に入れられた人
牢獄に入れられた人
「はいさい。ぐすーよー。ちゅーうがなびら。」(こんにちは、皆さんご機嫌いかがですか?)
ようこそヒケナンブログへ♪

いきなりですが、「自首」と「出頭」の違いってわかりますか?
※ここでいう出頭とは"警察に行く場合のことをいいます。

牢獄に入れられた人
牢獄に入れられた人

「え?!同じ意味じゃないの?」と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、明確な違いあり、しかも場合によっては自分の人生を左右するかも知れません。

きちんと意味を確認していきましょう。


「自首」と「出頭」はどう違うのか?

犯人
犯人

いきなり結論です。

自首 … 犯人が分かっていない状態で警察に行く
出頭 … 犯人が分かっている状態で警察に行く

ということなので、指名手配犯が警察に行くと「出頭」になります。

また、犯罪が行われたと警察が認知していない、もしくは認知しているが犯人がまだ確定していない場合に警察に行くと「自首」となります。

余談ですが「名探偵コナ〇、金田〇少年の事件簿」などで主人公が推理している最中に自白すれば自首、推理が終わった後に自白すれば出頭になると思います笑


「自首」と「出頭」では減刑にどう影響を与える?

どちらも自ら警察に逮捕されに行くことですが、法的には以下の扱いになります。

自首 … 減刑事由になる。※刑法第42条
出頭 … 減刑事由にならない。

第四十二条
罪を犯した者が捜査機関に発覚する前に自首したときは、その刑を減軽することができる。
引用:刑法第42条

ただし、出頭したという事実は裁判における量刑判断に有利に扱われます。


最後に

いかがでしょうか。

特に減刑事由になるかならないかは、特に大事なポイントかと思います。
ただし、一番いいのは「自首」や「出頭」を考えないといけないような事態にならないことです笑

最新記事一覧

2019.08.23雑記トリビア,言葉

Posted by ヒケナン夫婦