「アガー」の意味と解説、例文!うちなーんちゅが教えるリアルな沖縄方言(うちなーぐち)講座!

2020.10.16沖縄アガー,うちなーぐち,勉強,歴史,沖縄方言

「アガー」の意味と解説、例文!うちなーんちゅが教えるリアルな沖縄方言(うちなーぐち)講座!
「はいさい。ぐすーよー。ちゅーうがなびら。」(こんにちは、皆さんご機嫌いかがですか?)
ようこそヒケナンブログへ♪

沖縄の方言は、日本本土とは異なる歴史を歩んできたこともあり、独自性の強い言葉となっています。

私自身も沖縄生まれ、沖縄育ちですが正直半分くらいしか理解出来ていません

しかし、私の子供を含め、後世に沖縄方言(うちなーぐち)を伝えて行きたいと考え、自身の勉強も兼ねて、主に沖縄本島で使用されている沖縄方言講座をシリーズ化して皆さんに届けしたいと考えています。

今回は私もよく使う「アガー」という方言の意味と使い方、例文などをご紹介します!


「アガー」の意味と使い方

「アガー」という方言の意味と解説です。


「アガー」の意味

  1. (ぶつけた時や殴られときなどに)痛い!

「アガー」の解説

アガー」とは、足の小指をタンスにぶつけたときや、親や先生に頭を殴られたときなどに無意識に言ってしまう「痛い!」という意味で使います。

アガーと伸ばすこともあれば、「アガッ!!」っと促音(小さいつ)で使うときや、強調する意味で「アッガァァァーーーーーー!!」という言い方もあります!

無意識に出てくる言葉ですので、例えば「あの時、とても痛かったわけさー」の意味で「あの時、とてもアガーだったわけさー」という使い方はあまりしないですね。

プロフィール画像
ヒケナン一家
ネタですが、沖縄の人かどうかを確認するために、いきなりビンタして「アガー!」って言わす方法がありますよ笑

「アガー」の例文

  1. (急に殴られて)「アガー!!!!」痛いだろ!何するば?!

最後に

いかがでしょうか。

アガー」という沖縄方言(うちなーぐち)について、知ってもらえたと思います!

さっそく今日から使ってみて、少しでも沖縄を感じてくれたら嬉しいです!

最新記事一覧