沖縄方言で馬鹿の意味がある「フラー」の解説と例文!うちなーんちゅが教えるリアルな沖縄方言(うちなーぐち)講座!

2021.09.12沖縄うちなーぐち,フラー,勉強,歴史,沖縄方言

「フラー」の意味と解説、例文!うちなーんちゅが教えるリアルな沖縄方言(うちなーぐち)講座!
「はいさい。ぐすーよー。ちゅーうがなびら。」(こんにちは、皆さんご機嫌いかがですか?)
ようこそヒケナンブログへ♪

沖縄の方言は、日本本土とは異なる歴史を歩んできたこともあり、独自性の強い言葉となっています。

私自身も沖縄生まれ、沖縄育ちですが正直半分くらいしか理解出来ていません

しかし、私の子供を含め、後世に沖縄方言(うちなーぐち)を伝えて行きたいと考え、自身の勉強も兼ねて、主に沖縄本島で使用されている沖縄方言講座をシリーズ化して皆さんに届けしたいと考えています。

今回は「フラー」という方言の意味と使い方、例文などをご紹介します!


「フラー」の意味と使い方

「フラー」という方言の意味と解説です。


「フラー」の意味

  1. バカ、アホ
  2. 賢くない
  3. 頭が悪い

「フラー」の解説

フラー」とはバカやアホであったり、頭が悪い、頭がおかしいなどあまり良い意味ではない言葉です。

基本的には相手を侮辱する場合や、馬鹿な人を見たときに言ったりします。

そのため、職場などはもちろん、初対面の人やあまり親しくない人には使わないでおきましょうね!

プロフィール画像
ヒケナン一家
あんまりいい言葉じゃないけど、友達同士など、親しい間柄では冗談交じりに使ったりしますよ!

「フラー」の例文

  1. (マナーが悪い人を見たときに)「あいつ、フラーだな
  2. (馬鹿なことをした子供に対して)「フラーなことはするな!」

関連の沖縄方言

馬鹿者を意味する「フリムン」というウチナーグチがあります

最後に

いかがでしょうか。

フラー」という沖縄方言(うちなーぐち)について、知ってもらえたと思います!

少しでも沖縄を感じてくれたら嬉しいです!